個人再生の効果

個人再生において再生計画が認可された場合どうなるのでしょうか。まず、借金の総額が5000万円以上の方は残念ながら個人再生が利用できません。5000万円未満3000万円以上であれば、最大借金が10分の1まで減らされます。3000万円未満1500万円以上であれば借金は300万円になります。1500万円未満500万円以上であれば、5分の1になります。500万円未満であれば100万円になります。ただし、住宅ローンの減額はありません。ものすごい効果であると言えます。ただし、個人再生をした場合、官報に住所氏名が載り、ブラックリストにも登録されます。一定期間金融機関からの借入れはできなくなります。会社の同僚や友達、近所の方に個人再生した事実がバレることはまずないですが、官報を見た怪しげな金融業者からダイレクトメールが来ることがあります。ブラックリストに載っていてもお金を貸せますよと来るのです。個人再生をしたとしてもそれほど窮屈な生活を強いられるわけではありません。むしろ借金返済に苦しんでいたころに比べれば精神的に大分楽になることでしょう。

個人再生は、特定調停、自己破産とは異なり個人で行うのは難しいと言えます。個人で行う場合、たくさんの書類を自分で作成しなくてはなりません。書類に不明瞭な点があれば裁判所からあなたに電話がかかってきます。裁判所に呼び出されることもあります。個人再生を個人で行うのは主に弁護士費用を割きたいからだと思いますが、個人再生を自分で行う場合、再生委員を裁判所が付けることが多いです。再生委員にかかる費用は20万円前後です。さらに、再生委員は弁護士がほとんどであるため、最初から弁護士に相談すべきでしょう。

Pocket